So-net無料ブログ作成
コンサルティングの現場 ブログトップ

ピアノ講師のためのチラシ作成レポート [コンサルティングの現場]

私はピアノ教室の先生を対象としたコンサルティングをご提供しておりますが、
チラシに関するご質問も多数寄せられます。

ピアノ教室のような商圏の狭い業種では、チラシは手軽で効果的な
ツールの一つですからね。


そこで私は、ピアノ講師の方の何かのお役に立てることを願って、

「ピアノ講師のためのチラシ作成特別レポート」

というpdf資料を無料でご提供しております。


ちょっと内容をお知らせいたしますと、


1.何もしなくても生徒が集まる時代は終わった

2.チラシを作る前にこれだけは決めておこう!

3.あなたの教室の強み(USP)を掘り起こす!

4.チラシはあなたからのラブレター

5.反応率を上げる5つのアイデア

6.問い合わせ方法が複数ある方が良い理由

7.白黒とカラーとでは反応率が変わる?

8.印刷前のチェックポイント

9.チラシの賢い使い方

10.地域を絞って配布する

11.配布回数を多くすることのメリットとは?

12.何曜日にチラシを配布するのがベストか



このような内容となっております。


もしご興味がおありでしたら、下記のURLからご覧になってみてください。


※リーラムジカ ピアノ教室コンサルティング
http://www.pianoconsul.com/mail_seikou.html



独自配信のメールマガジン登録で、もれなく進呈させていただいております。


このレポートをお読みになり、ぜひ春募集にお役立てください。



仙台行きが決まりそうです [コンサルティングの現場]

まだ詳細はお伝えできないのですが、とある楽器店様からセミナーの依頼をいただきました。

場所は、私もなじみの深い仙台。


仙台は本当に良い街です。都会でもあり、自然も適度にあって、調和が取れている都市です。

そんな初夏の仙台で、講演できる機会をいただけることに、感謝しております。


詳細は、後ほど公式サイトやこちらのブログでお知らせいたしますね。


今年は活動の幅が広がりそうで、とても楽しみですね。





オールアバウトプロファイルに登録しています [コンサルティングの現場]

みなさんは、「All About(オールアバウト)」というサイトをご存じですか?

その道の専門家が集まり、詳しいコンテンツや情報を提供しているサイトです。


私もピアノ教室運営の専門家として登録させていただいております。

オールアバウトプロファイル 藤 拓弘の個別ページ


専門家としてコラムも提供しているのですが、もうすぐ100コンテンツになろうとしております。

大体3日に1回の執筆、ということになりますか。


このコラムには評価もできますので、もし「これは良い記事だ!」と思われるものがありましたら、
ぜひ評価を入れていただけると嬉しいです。

(おそらく検索で辿りついたページにしか評価できないシステムだと思いますが・・・)


ブログやメールマガジンのほかにも、こちらも充実させていきたいと思っております。

こちらも合わせてご覧いただけると大変嬉しいです。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。



※オールアバウトプロファイル 藤 拓弘の個別ページ
http://profile.allabout.co.jp/fs/takuhiroto-pianoconsul





サイトのライティング作業進む [コンサルティングの現場]

今月中に、私のコンサルティングのサイトがリニューアルオープンします。

今そのコンテンツにあたる部分のライティングに追われています。


サイトのリニューアルにあたっては、「見やすい」「分かりやすい」を心がけていますが、
そうなると文章も難しくなってきますね。

こういった、いわば公にする文章の執筆に関しては、


「客観的に読む」


ということが大切だと思います。


独りよがりな文章ほど、読んでいる人に違和感を感じさせるものはありません。

見えない相手ではあるけれども、常にその存在を意識しながら書く。

それがよりパーソナルであればあるほど、多くの人に響くものになる。


実際そのような文章を書くのは難しいのですが、今その作業に没頭しております。



無料レポート配信終了のお知らせ [コンサルティングの現場]

私が執筆しているメールマガジンではお伝えいたしましたが、
現在、配布している無料レポートの配信を、この度終了とさせていただきます。


これまでお読みいただいた先生方から、たくさんの嬉しい
ご感想をいただきました。本当にありがとうございます。
(昨日も嬉しいご感想をいただきました)



これまで合計7誌、約1000部ほどお届けしてきたレポートも、
これで完全に配信終了となります。


誠に勝手ではございますが配信終了は、2010/1/25(月)の23:59
とさせていただきたいと思います。


これ以降は、完全に閲覧ができなくなりますので、
ご希望の方は、お早めにお申込みくださいね。


また、これまでにレポートを受け取った方も、上記の日時以降は、
ウェブ上では閲覧ができなくなりますので、パソコンに
保存しておいてくださいね。


※無料レポートの詳細はこちら
http://www.pianoconsul.com/03.html



ちなみに内容は以下の通りです。


【第3弾】「節税のテクニック!個人事業で教室開業!無料レポート」

【第4弾】「生徒が増える!ピアノ教室ホームページ無料レポート」

【第5弾】「ピアノ講師のための確定申告無料レポート」

【第6弾】「自宅で開校!ピアノ教室開校7つのポイント無料レポート」

【第7弾】「アクセス解析ツールGoogle Analyticsを導入する方法無料レポート




また、教室運営のノウハウが満載の「成功するピアノ教室」の、
独自配信版へのご登録がまだお済でない方は、ぜひご登録ください。
(まぐまぐ!版では月1回の配信に切り替えております)


※ご登録は⇒こちら。解除もすぐにできます。



ご登録すると、私からメールが届きますので、
そちらもぜひお読みくださいね。


ちなみにこれまでの記事はこちらから読めます↓
http://archive.mag2.com/0000267088/index.html


どうぞよろしくお願い致します。




メールコンサルティングについて [コンサルティングの現場]

私はピアノ教室の先生に向けたコンサルティングをご提供しておりますが、
遠方にお住まいの先生方には、メールでのコンサルティングをご提供しています。


流れ的には、現状を踏まえた上で、お悩みの点やご相談されたい内容を
メールでお寄せいただき、それに関する解決策をメールにてご返信させていただくことで、
コンサルティングとさせていただいております。


ご提案させていただく回答は、一つの観点に絞らず、ゼロベース思考での解決策を、
あらゆる方向からアプローチさせていただく形になります。


たったひとつの解決案に縛られることなく、ご相談された先生方に
一番マッチした解決策を、「選んで」いただくような形が多いですね。



また、

「たったメール1件で1万円は、さすがに躊躇する」

というご意見もいただきますが、実際にメールコンサルティングを受けられた先生方は、
どの方もその値段以上の価値を感じていただいているようです。


それには理由があります。


私は、どの方にもご満足いただくために、
メールコンサルティングにはかなりの時間をかけております。


大体は1日ほどお時間をいただいてのご返信とさせていただいておりますが、
メールをいただいてからご回答まで、実質2日ほど、その解決策だけを考え続けています。


つまり実働時間としては、値段の割りにまったく合いません。


ですが、前述しましたように、どの方にもご満足いただくためには、それ相応の回答が
必要になるわけで、そのためにはあらゆるアプローチでの思考が必須になります。


皆さんの想像以上に、労力を使いますね。

これはある意味、面談コンサルティングよりも大変かもしれません。

そのため、メールでのコンサルティングをやめよう、と思ったこともあります。


ですが、どうしても距離的な問題で、お会いすることができない方の、少しでも力になりたい。



その気持ちだけで、このお仕事をさせていただいております。



コンサルティングはこんな場所で [コンサルティングの現場]

私が面談コンサルティングをさせて頂く場合、面談場所としては2つのパターンがあります。

1つは、クライアントである先生のピアノ教室にて。もう1つは、ホテルなどのラウンジを利用して。


最近では、遠方から都内へいらっしゃって、面談コンサルティングをお受けになる方が多いため、後者の場合が多くなってきていますね。


その際、ご心配されるのは


「どんな場所なのか?」

「落ち着いて話せる雰囲気なのか?」

「周りがうるさい所はどうも・・・」


という点に集約されるのですが、この点に関しては、どの先生にもご安心いただいております。

コンサルティングの場合、ゆったりと気持ちを落ち着かせてお話いただくことが大切だと思っておりますので、場所にはかなりの配慮をしています。


名の知られたホテルのラウンジやカフェは、ビジネスマンの打ち合わせや商談などでも使えるように、ゆったりとした空間や座席、さりげないBGMやサービスを提供しています。


そのため、コンサルティングなどで使用するには最適だ、と思っています。


とある先生には、こういう雰囲気を味わうことも楽しみのひとつ、とおっしゃっていただきました。



大切なお話を伺うわけですから、やはり守秘義務を配慮した場所選びや、コンサルティングの際の、周囲の雰囲気も大切にしたい、と常に考えています。



※私の詳しい活動に関しては、「ピアノ教室コンサルティング公式サイト」をご覧下さい。




コンサルティングの現場 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。